Ground Line Official Blog

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 全米テニス | TOP | コミュニケーション >>

2014.09.16 Tuesday

46回GKクリニック

46回GKクリニック無事に開催しました。

テーマ:キャッチング

◇アップ
・マーカーを使ってスッテプワーク
(サイドステップ、前後)
・ストレッチ

◇キャチング(オーバーハンドキャッチ)
・長座の姿勢でコーチが投げたボールをキャッチ
・膝立ちの姿勢でコーチが投げたボールをキャッチ
・立った姿勢でコーチが投げたボールをキャッチ
・少しズレたボールに対して足を運んで正面キャッチ
それぞれに、構え→キャッチになるように構える事を言い続ける。姿勢がどうあれ、手の位置を意識させ、ボールに対し両手が素早く前に出ている事を意識させた。この時にボールを両手同時につかめているかを求めていく。
2人1と組みで行い、どちらに投げるか分からない状態で、常に構えている事を意識させた。
※オーバーハンドキャッチの時に、ボールを前でとらえて、手首と肘をうまく使いわきを締めて、顔に近づきすぎないようにキャッチングしていく。また、1回でつかむ事が重要。

◇ローリングダウン
・コーチが手に持っているボールに対してローリングダウン
この時ボールに向かってキャッチングする事を意識づけする。

◇キック
・30mぐらいの距離でパントキック
この時ただ遠くに飛ばすのではなく、正確に蹴る事を意識し、手からボールを話す時にボールをしっかり安定させボールをよく見て蹴る。

◇ダウン

◇高校生はクロスボール
・両サイドからクロスボール
一つ目をキャッチしたら投げ返し、逆サイドのクロスに対しポジションを修正する。
・同サイドから2本のクロス
一つ目をキャッチしたら投げ返し、そのボールに対しポジションを修正し、同サイドからのクロスに備える。

総括
今回も前回と続けてキャッチング、構えの徹底をしました。つかむ、肘、ボールに手を出す。とにかく反復する中で、構えて隙を作らない事を言いながら行い、常に構える部分は大分できてきました。キャッチングについてもボールを前でとらえる感じがでてきていました。全体として、予測と準備、何を話して何に取り組んでいるかなど、実際にプレしていない部分の話をしました。その辺の緊張感も意識しながら、いろんな部分で成長し、チームに貢献できるように取り組みたいと思います。
次回はまだ未定です。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

                                        Ground Line
 

コメント

長男が小学生の時にお世話になりました。
次男もキーパーをやることになり、久しぶりにページを拝見してまだクリニックをやっていることを嬉しく思いました。
ぜひ次男も受けさせたいと思いますので、よろしくお願いします。
2014/09/18 8:47 AM by 中川

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.groundline-gk.com/trackback/889

トラックバック

▲top