Ground Line Official Blog

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 勝つって事 | TOP | そういう意識で。 >>

2014.09.02 Tuesday

GKクリニック

GKクリニック無事に開催しました。
今回小学生はキャッチング、中高生はクロスボール
とそれぞれのテーマで行いました。

◇アップ
.ストレッチ、ボールフィーリング


ステップしながらの方てキャッチ(ステップしながら左右行う)



◇キャッチング(オーバーハンドキャッチ)
・長座の姿勢で構え、投げられるボールをキャッチ


・膝立ちの状態で投げられる(蹴る)ボールをキャッチ


・立って構えた状態でキャッチング

三種類とも手首と肘を使い、出来るだけボールを前でとらえてキャッチング。その中で常に構える事(手の位置)を意識する。

◇ローリングダウン
手で持っているボールにキャッチしながらローリングダウン

必ず足と両手が連動してボールに向かっているのを意識する。

◇アップ
フリーラン→ストレッチ
ステップからの片手キャッチ、ハイボール

小学生も同じだが、ボールに向かい手を出していき、引きすぎるのではなく、ボールを前でとらえ、肘をうまく使う。

・ステップは同じでハイボール


◇クロスボール
・サイドからのクロスに対しての判断

少し遠い場所からのクロスで、サイドの選手はパスを受けワントラップしてから中にクロス。
トラップや蹴る選手によってボールの質を予測する。その中で、ボールに対して出足を早く、判断を早くしていく。
(全部出れるのではなく、しっかりと出れるボールを見極める。出れなければクリアの声)

・相手と味方を1人ずつつけてのクロスボール

◇ダウン
ストレッチ

総括
小学生のキャッチングはほんとに最初の部分の所を行いました。手首、肘をうまく使いボールを前でとらえるところを徹底しました。かなりキャッチングに変化が見られ、自然と構えも良くなっていったと感じいました。また、少しずれたボールに対して、足を動かす事も意識に加え、スムーズに運べるようになったと思います。膝を使う事がまだまだで、キャッチングの瞬間膝を曲げてしまい、体が沈むような形が見られた。中高生のクロスについては、まず予測する事をもっと意識するように伝えました。キッカー、ボールの位置、トラップの仕方等それらの要因でどんなクロスの質化を予測する。指摘後はかなり動きだしが速くなったように感じました。また、声のタイミングも指摘しました。プレーの直前ではDFにもわかりにくく第一に自分のプレーが遅くなってしまう事を伝えました。最後に、アップも含めもっと積極的になっても良いかと感じました。声であったり、初めての選手と取り組んだり、その辺ももっと意識できるように継続的に声をかけて行こうと思います。

次回クリニックは9月15日(月曜祝日)武蔵高校
小学生14:00-15:00
中高生15:00-16:15
の時間で行います。

                                        Ground Line
 

コメント


グローブの販売は行いますか?
2014/09/14 6:45 PM by 赤星
コメント遅くなりました。
グローブ販売は常時行っています。
2014/09/18 1:50 PM by D

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.groundline-gk.com/trackback/885

トラックバック

▲top